2018年12月28日

今シーズンをここまで振り返って(1)

 クラブの活動をすべて把握できているわけではありませんが、新年を間近に控えている今、今シーズンの残り3か月を仕上げの時期にするために、ここまでの活動を振り返ってみたいと思います。(3回に分けて掲載します。)

 全般的には、会員数も活動内容も安定していることを本当にうれしく思います。ひとえに、会員、保護者、スタッフがともにソラティオーラでサッカーを楽しもうとしてくれているおかげであると感謝しています。ここまでの活動で、私の個人的な感覚で印象に残っていることをいくつか列挙させていただきます。

 まず、シャウトがU-15、U-18のプレーヤーを育成するための活動を始めてくれたことです。和歌山国体終了後の切り替えがしんどい時期を乗り越え、会員、チーム・スタッフが主体となって若手育成に取り組んでくれていることに心から敬意を表します。

 シニアAが、練習や試合に参加するだけでなく、プレーヤーを主体としてチームをマネジメントし、今年も県リーグ最多優勝記録を塗り替えたことも素晴らしいことです。優勝が当たり前のような感覚になっている中で、それ以上の成果を追い求めながら、活動を続けていくのは決して簡単なことではありません。それぞれが職業や家庭を持ち、会費を納め、クラブのトップチームとしての責任を自覚しながら、審判を務め、連盟の会議に出席するなどの業務を分担しながらこなしていくのは、すべてのプレーヤーが自律して活動してくれている何よりの証だと思います。

《つづく》




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。