2018年04月19日

パラダイム・シフト

 ある日の、あるチームのトレーニング光景。
 ピッチの周囲のジョギングから始まる。その間に、コーチはマーカーやコーンをセットする。ジョギングの後は体操、ストレッチ。コーンやマーカーを置いてステップ・ワーク。ここからボールを使ったトレーニングに入る。二人一組でのパス交換が終わると、グループでのパス&コントロールの練習。続いてシュートのパターン練習。ゴール・キーパーはいないことが多い。ここまででほぼ1時間経過している。後半は、ポゼッション・トレーニングとゲーム。最後に補強トレーニングが入ることもある。伝統的に、私たちのトレーニングはこのような構成だったように思う。私を含めて日本全国で、プレーヤーを経験してコーチになった者は、このように刷り込まれてきた。
 今、私はサッカーのトレーニング(特に育成年代の)について、私自身の“パラダイム・シフト”が必要ではないかと強く感じている。私たちが刷り込まれてきた“要素分解・要素組立”方式から、サッカーの本質を再現しながらトレーニングをおこなう“要素複合”方式への転換である。そのためには、トレーニングの考え方の基盤になっている“パラダイム”を新たに書き換えなければいけない。“パラダイム”の転換なしに、トレーニング・メニューだけを工夫しても、なんとなくよく似たものにしかならない。
 最近言われている“M-T-M”方式を取り入れても、例えば、試合で中盤の組み立てのパスをよくカットされて、カウンター攻撃を受けてしまう。トレーニングで次の試合までに改善したい。どうするか。パスが不正確だ⇒二人一組のインサイド・パスをもっと正確にできるように練習しよう。パスを受ける位置が悪い⇒ハンド・パスでサポートの位置を確認しよう。周囲の状況がつかめていない⇒パスを受ける前に周囲を見て、パス&コントロールの練習をしよう。4対2のポゼッションをしよう。OK。練習でできるようになったことを試合で生かそう。これが“要素分解・要素組立”方式である。しかし、トレーニングの成果が試合になかなか現れない。なぜなら、試合はトレーニング要素の足し算では構成されていないからだ。なぜ、私たちのトレーニングは、長い間このようであったのか。私には、野球のトレーニング方式が知らず知らず肌感覚として日本人に染みこんでしまっているのではないかと思われてならない。
 例え話だが、太陽は東の空に上がって、西の海に沈んでいく。あるいは春夏秋冬、季節が巡る。日本人が見てもスペイン人が見てもそうだ。しかし、この現象を天動説で説明するのと、地動説で説明するのでは全く違ってくる。私たちは、試合での現象を見て、改善方法を考える時、いわば天動説から地動説への転換をしなくてはいけないのではないか。
 サッカーの一流国に学ぶことは大切である。かつてはブラジルの個人技、ドイツの組織サッカー、最近ではスペインのトレーニング・メニュー。情報はあふれている。しかし、それを学ぶ私たちのパラダイムは以前のままだ。“パラダイム”の転換なしに、トレーニング・メニューを変更しても、なんとなくよく似たものにしかならない。チームを画期的にレベル・アップさせたいのなら、“要素分解・要素組立”というパラダイムから、サッカーの本質を再現しながらトレーニングをおこなう“要素複合”のパラダイムへの転換を急ごう。このことは、いずれ日本でも起こる。他に先駆けて取り入れることが他のチームとの違いを生み出す。
 トレーニング・メニューに“サッカーの本質”を常に取り入れよう。サッカーの本質とは、目指すゴールがある、そのためにボールを奪い合う相手がいる、サポートしあう味方がいる、攻守の切り替えがある、シーンが常に変化しつつ連続する、プレーヤーに瞬時の判断が要求される、このようなことである。そのトレーニング・メニューには、これらの要素が組み込まれているか。要素還元トレーニングに試合のリアリティーがあるかどうかを考えるのは、“天動説”である。サッカーの本質が要求されているトレーニング・メニューの中で、要素の指導を行うのである。
 プレーヤーは“やらされ感”を持っていないか。それを力で抑え込み、トレーニングに耐えることを強いるトレーニングでプレーヤーの資質は本当に引き出せるのか。トレーニングで一番大切なのは“ゾーン”に入っているかどうかだ。“ゾーン”に入ったら、どうなるか。心は熱く、頭は冷静に、課題に進んで取り組み、集中力を維持して全力でトレーニングに取り組んでいる。そうなっているかどうかは、プレーヤーの動きや目の輝きを見ればわかるはずだ。コーチはそれをサポートするためのコーチングを行い、それを途切れさせないように気を配る。
 バレンシアCFオフィシャルアカデミー和歌山校では、サッカーのトレーニングについての自分のパラダイムを転換し、サッカーの本質を常に意識したトレーニングで、プレーヤーを“ゾーン”へ誘い込むことで、プレーヤーの資質を最大限引き出していくことに、私はチャレンジしていきたいと強く考えている。
  


Posted by Okuno at 20:12Comments(0)

2018年03月21日

アカデミー体験会、大盛況! いよいよ開校へ!

3月19日(月)雨天のため、海南スポーツセンター体育館で実施しました。予想を上回るたくさんの子どもたちが参加してくれました。うれしかったです。
バレンシアジャパンから中谷さんも来てくださり、活気あふれる体験会になりました。



ウォーミングアップは、4人同時スタートのドリブル。他のプレーヤーにぶつからないようにコースを変えながら、しかも速くドリブルするためには、ボールだけを見ないで少し目線を上げる必要があります。集中力も身についていきます。
続いてステップワークとパスとコントロール・シュートのコンビネーション・トレーニング。集中して取り組まないと、次のプレーヤーに追い抜かれてしまいます。それでいて、パスは正確にコーンとコーンの間を通さなければなりません。さらに、次のポジションに速く移動するためには、いつも次のシーンを想定している必要があります。パターン練習ですが、次のシーンの予測は試合で絶対に必要な要素です。
三つ目のトレーニングは、ポゼッションです。激しいボールの奪いあい、ボールの受け方、攻める方向の意識、仲間へのコーチング、ボールがアウトになっても次々にコーチからボールが出されます。休憩している暇はありません。試合中の局面そのものです。
最後は、ライン上にサポート役を置いて、全員でゲーム。どちらのゴールを攻めても良いので、逆方向への展開は、相手チームの意表をついて効果的です。そのためには、ボールだけでなくフィールド全体を見渡せる視野の広さが要求されます。
体験会の最後に、バレンシアCFアカデミージャパンのゼネラルダイレクター・中谷さんから、「とても熱心に集中してトレーニングに参加してくれた。最初の一歩を踏み出すのは勇気がいることだけど、その一歩を踏み出した瞬間、既に進歩は始まっている。」とメッセージをいただきました。



参加してくれた子どもたちに感謝しています。この熱気をアカデミー和歌山校の開校につなげていきたいと強く思いました。
友だちと誘い合って、ぜひアカデミーに入会してください。バレンシアCFのエンブレムを誇らしく胸につけて、世界でも有数のクラブの一員として、いっしょにチャレンジしていきましょう!

アカデミー和歌山校開校案内
4月3日(火)海南スポーツセンター(雨天時:体育館)
17:00 受付開始  
17:30~19:00 トレーニング
※中谷ダイレクターも来校予定です。
※U-9クラス、U-11クラスの合同で実施します。
入会希望、体験参加希望の方は、奥野修造(090-5242-0646)まで電話、ショートメールなどでご連絡ください。
開校準備の都合上、できれば3月31日(土)までにご連絡ください。

  


Posted by Okuno at 20:48Comments(0)

2018年03月17日

バレンシアCFオフィシャルアカデミー和歌山校 開校します!

いよいよアカデミー体験会が近づいてきました。
例えるなら、新規オープンするパン屋さんの気分です。パン作りの修業は十分積んできた。一度食べてもらえば、お客さんに喜んでもらえる自信はある。しかし、お客さんは本当に来てくれるだろうか? そんな気分です。

そもそもなぜ和歌山校をやりたいと思ったのか。
スペイン・サッカーの魅力を和歌山の子どもたちにも知ってもらいたい、強烈にそう思ったからです。トレーニングの方法だけでなく、ホームゲームを迎えた時のメスタージャ・スタジアムの周囲の雰囲気、町中にサッカー場が点在する風景、草サッカーと呼んでも問題ないと思われる試合に熱中しているプレーヤーの、そして応援している人々の熱気、そんなものを知ったら、もっともっとサッカーが好きになってくれるはずだ。私がそうであったように。

私が海外のサッカーに惹かれるようになったきっかけは、高校生の時のサッカー部の顧問の先生が8ミリフィルムで見せてくれた、マンチェスターユナイテッドのチャンピオンズカップの決勝戦のジョージ・ベストのかっこいい姿でした。
大学生になり、初めてのヨーロッパ旅行で、イングランド2部リーグの試合を観戦し、ドイツではバイエルン・ミュンヘン対シャルケ04の試合で、ベッケンバウアーやゲルト・ミュラーのプレーを見ました。40年経った今でも覚えています。
1982年のスペイン・ワールドカップでは西ドイツ対フランスの準決勝戦や決勝戦も観戦しました。

今から10数年前、中谷さんと知り合いました。中谷さんが私の弟の大学サッカー部の後輩であったという縁で、「スペイン・サッカー教室」と銘打って中谷さんと、中谷さんが連れてこられたスペイン人コーチに講習会をしてもらいました。最初は、どんなメニューで練習するのだろうということが興味の中心でした。それ以来、ずっと毎年「スペイン・サッカー教室」を開催してもらっている内に、練習メニューではないところに、その指導法の神髄があると感じるようになりました。練習の強度や、テンポや、声掛けのタイミングなどのマニュアル化しにくいところにこそ、指導力がにじみ出るのだと考えるようになりました。

そして、現地を訪問したい、トップ・レベルのスペインのサッカーではなく、私たちと同じレベルのクラブや子供たちはどんなふうにサッカーに取り組んでいるのだろうか、何があの世界でもトップ・クラスのサッカーの基盤になっているのだろうか、ぜひ知りたいと思い、退職した年に、結果的には17日間と短い期間でしたが、中谷さんのお世話になってバレンシアを訪問しました。スペイン人のお宅にホームステイさせていただき、スペイン語学校に通い、地元クラブの練習や試合を見せてもらい、中谷さんのお世話で留学している中学生の話を聞き、リーガの試合やチャンピオンズ・リーグを観戦するなど、濃密な時間を過ごすことができました。

そして、スペイン・サッカーの魅力を和歌山の子どもたちにも知ってもらいたい、強烈にそう思い始めたのです。

「夢・熱・仲間」。私が教員だった時、卒業していく生徒たちに送った言葉です。いつも何かに夢を持って、それに向かっていく情熱を持ち続け、仲間とともに歩んでいく。私自身も、ずっとこれからもそうありたいと思います。
「バレンシアCFオフィシャルアカデミー和歌山校」は、そんな夢の一つの形でありたいと願っています。
  


Posted by Okuno at 12:18Comments(0)

2017年12月31日

第41回全日本少年サッカー大会応援・観戦記

2017年12月26・27日の二日間、鹿児島ふれあいスポーツランドへ、海南FCジュニアの応援と大会の視察に、副理事長の奥野昌紀と理事の仲恭伸の三人で行ってきました。

大会会場は、一か所に少年用ピッチ8面を展開できる上に、すべて天然芝という今まで見たことのない素晴らしい施設でした。こんな環境で全国の都道府県の代表48チームの一員として大会に参加できる少年・少女たちはなんと幸せな体験をできることかと感じました。と同時に、これだけの会場を準備し運営する大会関係者の尽力にも頭の下がる思いを強く持ちました。大会には、県サッカー協会からも、中村会長、吉田4種委員長、松尾ユースダイレクターが視察・応援に来てくれていました。また、KFCジュニア一期生で福岡県在住の赤津君も会場に駆けつけてくれました。

大会に参加したKFCジュニアの14人の少年・少女には、自分は、とても多くの会ったこともない、名前も知らない人たちとのつながりのなかでサッカーをしているのだということを、頭で理解するのではなく、息を吸い込むような感覚で直感してもらいたいと、私も肌で感じました。

さて、試合ですが、3試合全体を通じた第一印象は、ネームバリューのある相手にも気後れすることなく、しっかりと持っている力を出そうとしてプレーできているように思いました。ただ、チームとしても和歌山県代表としても目標であった、決勝トーナメント進出は今年もかないませんでした。私の感覚では、今年のチームの実力は大会出場48チーム中、中の中から中の下あたりではなかったかと見ています。決して全国的に下位にいるとは感じませんでしたが、一次リーグ同ブロックからベスト4、ベスト8に進出したサンフレッチェ広島やアントラーズつくばなどの上位進出チームと比べて、今後、クラブとしても和歌山県としても追求すべきは、サッカーの基本や原則の徹底であるというのが私の思いです。

サッカーの基本や原則とは、例えば、ボールを奪われたらすぐに全力で追いかける、遠い足のインサイドでコントロールする、相手の裏をとることをまず狙う、ボールを受ける前やボールを渡した後に周囲を見て次のシーンを予測する、などのことです。もちろん、全国大会に出場するチームの選手がこれらのことをできないはずはありません。違いは、徹底してできるかどうかだと思います。
もう一つは、周囲を見て、次のシーンを予測して、相手より早く動き出したり、仲間と連携したりする高い能力を身につけていく必要があると思いました。

問題は、それらの資質をどのようにすれば、どのようなトレーニングをしていけば、プレーヤーのレベルを上げていくことができるのかという指導者の力量のレベルアップの課題です。私たちに、このことを試行錯誤しながら、もがきつづる覚悟が常に問われています。

2017.12.31
奥野修造
  


Posted by Okuno at 10:10Comments(0)

2017年12月03日

KFCジュニア、全国大会出場・壮行試合&壮行会

第41回全日本少年サッカー大会に出場する、KFCジュニアを激励するため、クラブを挙げての壮行試合と壮行会を下記日程で行います。

期日=12月9日(土)
会場=屋上スポーツ広場
日程=9:00~10:30   各カテゴリーの練習、ジュニアと対戦チームのウォーミングアップ
    10:30~11:20   壮行試合(20分ハーフ)
                  ※全クラブ会員・保護者で観戦
    11:20~11:40   壮行会  ◇理事長あいさつ
                         ◇KFCジュニア監督あいさつ
                         ◇出場選手自己紹介
                         ◇激励の言葉(KFCソラティオーラ・キャプテン)
                         ◇決意の言葉(KFCジュニア・キャプテン)
                         ◇集合写真撮影
    11:40~12:40   練習試合
    13:00   撤収完了


壮行試合&壮行会を開催する趣旨は、次のようなものです。
◇ジュニア・チームが全国大会で全力で戦うことを、クラブ会員全員で励ます。
◇ジュニア・チームの試合を観る機会の少ない会員に、今年度のジュニア・チームの実際を観てもらう。
◇次に続く後輩たちに、クラブの誇りを実感してもらい、これからも一層サッカーに打ち込んでもらう。
◇今回の成果が、クラブ全体の活動の成果であることを、会員全員で確認し、クラブの歴史の一ページであることを認識する。

当日、すでに予定が入っていて参加できないカテゴリーの会員も、心の中でジュニア・チームに声援を送ってください。
壮行試合&壮行会が素晴らしく盛り上がったものになるよう、皆さんよろしくお願いいたします。  


Posted by Okuno at 15:10Comments(0)