2020年08月28日

コロナ禍のサッカー

 新型コロナウイルス問題を地球規模で抱えながらも、世界のトップ・レベルのプロ・リーグから地元の少年リーグまで、あらゆるレベルでサッカーが再開されています。サッカーだけでなくスポーツをやりたいって気持ちは、ものすごいエネルギーを持っているんだなと改めて感じています。

 ソラティオーラでは、シニアCが先日の「Over-50」の県大会で見事初優勝し、関西大会に出場することになりました。ソラティオーラでは、一般男子はシニアA、シニアB、シニアCと3つのカテゴリーに分かれて活動し、県社会人リーグ1部、同3部、シニア40リーグ、シニア50リーグの4つのリーグ戦に参加しています。

 少年のカテゴリーでも、ソラティオーラから3チームがU-12リーグに参加しています。会員数は、5歳から65歳までおよそ250人がサッカーを楽しんでいます。大変な熱量です。

 この勢いを、“100年クラブ”に向けて、次の50年につなげていきたいと願っています。何の後ろ盾も持たない、サッカーが好きで集まっているだけの組織が50年存続していること自体がある種の奇跡だと思います。この“奇跡”の原動力は何なのでしょう。自分のやりたい時だけ、ピッチにやってきて試合をして帰る、そんなことでは一瞬でもクラブが成り立たないことは誰にでも分かることです。

 連盟の会議に出席して大会の運営に携わり、審判の資格を取って大会の審判を務め、クラブの維持に必要な会費を納める、などなどの役割を責任持って分担してこそ、好きなサッカーを楽しむことができるのだと、仮に声高に言わなければいけなくなってしまったらクラブの危機です。会員それぞれが、主体的にクラブを運営していくための自覚を持って活動している、この目には見えないものこそがソラティオーラの何よりの財産なのです。

 クラブのエネルギーは、常に新しいことにチャレンジしていくことから生まれてきます。バレンシアジャパンと提携し、「バレンシアCFオフィシャルアカデミー和歌山校」を運営していく中で、画期的なトレーニング・メソッドを取り入れていることもその一つです。

 また、県内女子サッカー界をけん引している「海南FCシャウト」は、U-15の活動をすでに始めていますが、新たに小学生以下を対象に、「女の子のためのサッカースクール」に着手しようとしています。

 これらの新しい取り組みが、クラブ全体のエネルギー源になっているのです。まだソラティオーラの輪に加わってもらっていない方にも、ぜひ仲間になってもらいたいと願っています。今の10歳くらいの会員が、50年先にお孫さんと一緒にソラティオーラでサッカーを楽しんでもらえているなら、私たちのソラティオーラ和歌山は、素晴らしい「100年クラブ」に育っていることでしょう。遠い未来を見据えつつ、コロナ禍の中でも一歩一歩前へ進んでいきましょう。

  


Posted by Okuno at 10:58Comments(0)

2020年06月01日

クラブは“生命体”? 《動的平衡》って、何?

 まだまだ元通りというわけにはいきませんが、とにもかくにもやっとサッカーができるようになりました。再び活動休止という事態にならないことを祈るばかりです。
 新型コロナウイルスの影響で、思うようにサッカーができなくなってから3か月。長かったですね。この間、皆さんどんなふうに過ごしてきましたか? 室内で、一人でできることをやってみようといわれても、すぐに対応できる人は少なかったのではないでしょうか。
 私自身は、3月は「この先どうなっていくのだろう」と右往左往しているうちに過ぎ、4月は「今できること、今やるべきことを何か考えなくては」とあれこれ考えながら過ごし、5月近くなってから、やっと動き出したような状況でした。
 クラブの子どもたちが、ちょっとしたスペースで一人でもできる自主トレのメニューを考えて、映像で見てもらえるようにYou Tubeへの投稿の仕方を教えてもらい、会員のみに限定公開するのにかなりのエネルギーを使いました。
 例年、この時期はクラブの決算にかなりのエネルギーと時間を要するのですが、今年は思いのほかスムーズに処理できたので、余った時間とエネルギーを読書に回しました。普段から読書量はそんなに多くなく、月3冊のペースですが、4月は4冊、5月はなんと9冊読みました。月間9冊は、自分史上最多ではないかと思います。軽いエンタメ小説からちょっとしたものまでいろいろですが、その中から『新版 動的平衡』(福岡伸一著、小学館新書)を紹介します。

 いきなりですが皆さん、「クラブの実体とは何でしょうか?」 ソラティオーラの大本である海南FCの運営を私が引き継いだのが25歳の時ですから、それから40年間クラブ運営に当たってきました。2021年にはクラブ創設50周年を迎えます。そして、“100年クラブ”を目指して活動中です。時々、クラブとは何だろうか、クラブの実体とは何だろうか、バレンシアCFのように100年を超える歴史を持つクラブは、何をどのようにして維持し、発展させてきたのだろうか、そんなことを考えることがあります。
 プレーヤーやコーチはどんどん入れ替わっていきます。サポーターも世代交代していきます。サッカーの内容も戦術も変わっていきます。しかし、バレンシアCFも海南FCも時間の長短はあれ、変わらずに存在し続けます。活動を停止し、解散したクラブも当然あるでしょう。私たちが“100年クラブ”を標榜するとき、どんなことを考えながら活動していけばよいのか、そのヒントを与えてくれたのが福岡伸一氏の“動的平衡”という言葉です。

『新版 動的平衡』から、いくつかの記述を引用させていただきます。

◇合成と分解との動的な平衡状態が「生きている」ということであり、生命とはそのバランスの上に成り立つ「効果」である…。(同書P.80)

◇生命は、機械のようにいくつもの部品を組み立てただけで成り立っているわけではという、厳然たる事実がある。(P.145)

◇私たちの身体は分子的な実体としては、数カ月前の自分とはまったく別物になっている。……そこにあるのは、流れそのものでしかない。
その流れの中で、私たちの身体は変わりつつ、かろうじて一定の状態を保っている。その流れ自体が「生きている」ということなのである。
……ここで私たちは改めて「生命とは何か?」という問いに答えることができる。「生命とは動的平衡にあるシステムである」という回答であ
 る。(P.261~262)

◇生命の動的平衡は絶え間のない合成と分解を行っている。いや、むしろ合成することよりも、分解することのほうを絶えず優先している。
(P.294)

◇生命、自然、環境――そこで生起する、すべての現象の核心を解くキーワード、それが《動的平衡》(dynamic equilibrium)だと私は思う。
(P.315)

 どうでしょう、皆さん。上記引用中の“生命”を“クラブ”に置き換えたら、「ソラティオーラとは何か?」、「100年クラブへ向けて、私たちは何をすべきか」ということのヒントが見えてくるのではないでしょうか。私たちの体を構成している何十兆もの細胞がどんどん生まれ変わっていくように、クラブを構成しているプレーヤーもコーチもスタッフもサポーターもどんどん入れ替わっていっても、というよりどんどん入れ替わっていくことでクラブとしての“動的平衡”が維持されていくということなのでしょうか。
 一方で、私たちの体を構成している何十兆もの細胞すべてに同一のDNAが組み込まれていて、個々の細胞が生まれ変わっていってもDNAは基本的には受け継がれていきます。ソラティオーラが受け継いでいくべきDNAとは何なのだろうか、生まれ変わっていくべきことは何なのだろうか、皆さんと一緒にこれからも考え続けていきたいと思います。
 ソラティオーラは、生命体とおなじように生きているのですから。
  


Posted by Okuno at 05:47Comments(0)

2020年03月06日

サッカーは神話である

私も時々本を読みます。決してサッカーばかりしている訳ではありません。そして、たまには少し読み応えのあるものも読むこともあります。そんな一冊として最近読んだJ.キャンベル&B.モイヤーズの『神話の力』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)を紹介します。

その第1章「神話と現代の世界」の書き出しを引用します。
“人々はよく、われわれは生きることの意味を探っていると言いますが、人間がほんとうに探究しているのは、たぶん生命の意味ではありません。人間が本当に求めているのは、<いま生きているという経験>だと思います。純粋に物理的な次元における生活体験が、自己の最も内面的な存在ないし実体に共鳴をもたらすことによって、生きている無上の喜びを実感する。それを求めているのです。”
私たちは『今、生きているという実感』を求めているのだというのです。そして、“神話は、われわれがどんな時代にあっても、真理を、意味を、重要な価値を探し求めている、その物語です”と、モイヤーズも述べています。キャンベルは、“神話を読むことです。神話はあなたに、自己の内面に向かうことができるのだ、と教えてくれます。”とも言っています。
作家の冲方丁氏の解説から引用して続けます。
“キャンベルは言う。「神話は、もしかすると、自分が完全な人間になれるかもしれない、という可能性を人に気づかせるんです。」(第5章 英雄の冒険)”
“完全な人間とは何か。それはキャンベルによれば、自分が生きているという経験をする人間である。では生きているとは何か。自己の内面において、知らねばならない価値、すなわち個人の至福と出会い、それに従うということである。ではその内面にある価値、個人至福とは何か。それは個人の幸せの経験を待つしかない。”

神話を失わせようと迫ってくる現代社会において、一人一人が自分自身の“神話”を持つために、“生きている無上の喜びを実感”できる経験が必要だ。そのとおりだ。私にとって、その無上の喜びとはサッカーではないのか。サッカーは私にとって“神話”であるのか。
何かを達成する達成ために、例えば全国大会出場や一流プレーヤーを育てることを目的にサッカーをするのでない。ただ、サッカーを極めていくためにサッカーをする。そこに人間としての本質の経験がある。この本を読みながらそんなことを考えていました。
Fútbol es el mito mismo.(サッカーは、神話そのものである。)スペイン語で書いてみましたが、間違っているかもしれません。ほとんどが引用だけの記述になってしまいましたが、興味をもたれた方は、ぜひ本書を読んでみてください。

※この文章は、バレンシア・アカデミー和歌山校のブログにも掲載しています。
  


Posted by Okuno at 11:35Comments(0)

2020年01月31日

県大会、頑張れ!

ソラティオーラ和歌山の小学生年代の各チームが、日ごろのトレーニングの成果を発揮すべく県大会に出場します。
会員みんなで応援しましょう!

[海南FCジュニア]
全員6年生のチームです。今年のチームは、セレクション・メンバーではなく6年生全員のチームです。
ずっと同じメンバーで何年間もいっしょに成長してきました。
U-12年代最後の県大会で、思いっきり戦ってきてください。


大会名=少年サッカー県リーグ決勝大会
期日=2月29日・3月1日
会場=新宮市ヤタガラス・グラウンド
対戦未定

[KFCソラティオーラ]
15人全員5年生のチームです。海南海草予選を1位で突破して、2020シーズンのトップ・リーグの出場権を獲得した勢いで大会に臨みます。


大会名=日刊スポーツ杯 関西小学生サッカー大会 和歌山県大会
期日=2月8日・9日
会場=紀三井寺公園陸上競技場
初戦の対戦=2月8日 10:50 対.岩出FCアズール

[ソラティオーラU-12]
アカデミー・コースの会員とスクール4年生の合同チームです。5年生3人、4年生15人、3年生2人で、第1ピリオドと第2ピリオドで選手全員入れ替えでの3ピリオド制の大会で、海南海草予選を接戦で勝ち抜き、クラブから初めての出場権を得ました。

大会名=JA全農杯 全国小学生選抜サッカー IN関西 和歌山県大会
期日=2月2日
会場=橋本市運動公園多目的グラウンド
初戦の対戦=2月2日 11:50 対.岩出FCアズール

  


Posted by Okuno at 11:18Comments(0)

2019年12月31日

2019年も、たくさんの仲間たちとサッカーを楽しみました

今日は大晦日、今年もソラティオーラでいっぱいクラブ・ライフを楽しんでもらえたでしょうか?
それぞれのカテゴリーの活動は、カテゴリーのブログで担当スタッフから報告してもらっていますので、クラブ全体について記しておきます。

バレンシアCFオフィシャルアカデミー和歌山校と連携して、世界基準を目指して活動することを目的に「ソラティオーラU-12アカデミー・コース」をスタートさせました。協会へのチーム登録名は「ソラティオーラU-12」として、4年生チームと合同でU-11リーグに参戦しました。
5年生が3人で4年生が主体のチームでしたが、どの試合もほぼ対等に戦うことができました。
現時点でアカデミー・コースの会員は、5年生3人、4年生5人、3年生2人の10人ですが、2020シーズンは、6年生3人、5年生8人、4年生2人の13人で活動を始め、「U-12ホップリーグ」に参加する予定です。
このコースから、世界に飛び出していくプレーヤーを輩出することが、私たちの夢です。




ソラティオーラは、「総合型地域スポーツクラブ和歌山県協議会」に加盟しています。
サッカー以外のスポーツ活動とも交流して、視野を広げていきたいと考えています。
10月6日、南山スポーツ公園で開かれた「50mダッシュ大会」に参加して、正式な陸上競技大会で使用される計測機械による50m走の記録会に参加しました。100人以上の参加者がありました。


ソラティオーラでは、誰でもいつまでもサッカーを楽しめるクラブであることもミッションの一つにしています。
11月30日には、「Over-50フェスティバル」に参加し、準優勝の好成績を収めることができました。


カテゴリーを超えてクラブ全体の会員の交流を目的に、年に2回、春の「アウトドア・パーティー」とともに、秋の「フットボールデー」を開催しています。
今年は、11月16日に海南市民運動場で好天の下、楽しく開催することができました。
当日は、ゲームのほか、KFCソラティオーラの保護者の皆さんのお世話で「クラブ特製豚汁」も作っていただきました。
最後は、全員参加の大ビンゴ大会で締めくくりました。



2020年も、ソラティオーラ和歌山でいっしょにサッカーを楽しみましょう。
皆さん、良いお年を!
  


Posted by Okuno at 09:19Comments(0)