2019年08月06日

“楽しむ”って、どういうこと?

7月30・31日の二日間、バレンシアCF育成部門の所属コーチによる「VCFサマー・クリニック」に、ソラティオーラの小学3年生から中学1年生とバレンシア・アカデミー和歌山校生が合わせて約70人が参加しました。このイベントは、今年で16回目を迎えました。参加者にとっては、本場バレンシアCFで実際に行われているトレーニングを実際に体験する貴重な機会になっているし、ソラティオーラのコーチ陣にとっては、スペイン式の指導方法を学び、自分の指導力を磨いていくまたとない機会になっています。
今年来日された、アルフレド・ラモス・コーチは40歳で、UEFA PRO(ヨーロッパ最高位のコーチ資格)の資格を持ち、アメリカやイタリアでも指導経験のある、とても明るく愉快な性格のコーチでした。また、スペインでもよく日本食を食べるということで、箸の使い方もとてもこなれていました。


私が直接担当しているバレンシア・アカデミー和歌山校生が受けたセッションでは、ラモス・コーチから何度も“¡Perfecto!”(完璧!)と声がかかって、とても嬉しかったです。中谷コーチからも、和歌山校のアカデミー生は、明らかに進歩している。この調子で続けていってもらいたい、と言っていただきました。和歌山校のコーチとして、指導メソッドに自信を持ち、同時に大きな責任をあらためて感じました。アカデミー生のみんなと、もっともっとレベル・アップを目指していきたいという決意も新たにしました。
ところで、ラモス・コーチにバレンシアCFの指導方針を少し聞かせてもらった時に、プレーヤーが“disfrutar”することがとても大切だと言っていました。「楽しむ」という意味ですが、意味は、私たちが普通に使う「楽しむ」とは、少し違うように思いました。


テレビで私たちが見聞きする「楽しむ」というのは、例えば、こんなシーンです。「優勝できてうれしいです。全国大会では、もっと楽しんできたいと思います。」とか、「今日は勝てて良かったです。次の試合も楽しみたいです。」とか、「オリンピックという大舞台を思い切って楽しみたいと思います。」とかです。「ここまで、苦しい練習に耐えてきました。」とか、「しんどくて何度もやめたいと思ったけれど、頑張ってきて良かった」というインダビューはよくあるけれど、「ずっと今日までトレーニングを楽しんできました」とか、「ワールドカップ本番までの道のりを楽しみたいです」というインダビューはあまり聞いたことがないですね。
私が感じてしまうのは、「楽しむ」のは、しんどいトレーニングの先にあるものであったり、緊張を無理にほぐすためのまじないのような言葉が「楽しむ」に無意識のうちに込められた意味合いではないかということです。ラモス・コーチが“disfrutar”という言葉を使う時の文脈は、明らかにそれとは違います。


手元の和西辞典で「楽しむ」を調べると、“disfrutar”と“divertir”という言葉が出てきます。“divertir”は、楽しませる、気を晴らすという意味の他動詞です。“Esa película me divirtió mucho.”(その映画は大変面白かった。=その映画は、私を大変面白がらせた。)という例文が載っています。私の解釈では(間違っているかもいるかもしれませんが)、“divertir”は、何かの刺激にに対して、受け身的に「楽しむ」という意味なのかなと思います。
一方、“disfrutar”は自動詞で、用例として“disfrutar con una película”(映画を楽しむ。conは、英語のwithのような言葉=私は、映画という手段で楽しむ)が載っています。自分が自らの意思として何かの対象に対して主体的、積極的に働きかけ、その行為自体を「楽しむ」という意味合いがあるのではないかと考えています。
「楽しむ」ことができるのは、苦しいトレーニングを乗り越えた先にあるものという考えではなくて、日々のトレーニングそのものを「楽しむ」。全国大会とか、オリンピックなどのひのき舞台を楽しみたいと思ったら、毎日の厳しいトレーニングにひたすら耐えなければいけない、という文脈での言葉ではなくて、プレーヤーが日々のトレーニングやサッカーに関するすべてを自分の主体的な意思として「楽しむ」。そのためのサポートをするのがコーチの役割である。特に、育成年代にあってはそうでなければならない。ラモス・コーチが見せてくれたバレンシアCFの指導方針の図解にあった“disfrutar”とは、そんな意味ではないかと考えました。


私たち、育成年代のコーチは、自分が行うトレーニングが、小中学生プレーヤーが自分から主体的に積極的に取り組もうと思ってしまう内容になっているか、プレーヤーが“やらされ感”を持ってしまうトレーニングになっていないか、しっかりと見直していきましょう。プレーヤーが“disfrutar”しているかどうかは、トレーニングしている時のプレーヤーの目を見れば誰でも分かります。例えば、小学生プレーヤーが二人一組対面のコントロール&パスの練習を何分間も“disfrutar”できるでしょうか。そんな練習を続けていくことで、私たちがプレーヤーから“disfrutar”する経験を奪って、スポーツとは、苦しいことを乗り越えていくものという感覚をプレーヤーに刷り込んでいることはないでしょうか。
ソラティオーラでのトレーニングやゲームなどすべての活動を、小中学生のプレーヤーが“disfrutar”しているか、そこにこそ、ソラティオーラが他のクラブとの質的差異を生み出し続け、“100年クラブ”への道を歩み続けていけるかどうかがかかっていると、私は今考えています。
  


Posted by Okuno at 16:19Comments(0)

2019年07月19日

KFCジュニア、優勝。これが、ソラティオーラだ!

KFCジュニアが、県タイトルを獲得した。第50回和歌山県スポーツ少年団総合競技大会で優勝した。協会に登録しているすべての少年チームが出場している大会ではない。しかし、どんな大会でも優勝するというのは、かなり難しい。正直、びっくりした、驚いた。

何に驚いたかって。理由は二つ。一つは、今年の6年生は低学年の時から人数が上の学年に比べて少なく、セレクションを行っていないチームであったこと。もう一つは、トップ・リーグ入りを目指した新人大会で、バレンティアとミラグロッソとの対戦で、どちらかの試合であと1点得点をあげるか、1点失点を防ぐかすればトップ・リーグ入りのチャンスがあったのに、“あの1点、この1点”を逃したばかりにトップ・リーグ入りを果たせなかった勝負弱さを見せていたからだ。そのような勝負弱さは、チームの体質になりやすい。私はチーム・スタッフに、この勝負弱さを克服することが、このチームの最大の課題だろう。しかし、それはなかなかに難しい、と新人大会の後話したことがある。

それを、このチームは短期間に見事に克服した。見事と言うほかない。スポ少大会の一つ前、オークワ・カップの地区予選の最中、なぜか突然変身し始めた。地区予選から県大会1回戦まで、何とPK戦3連勝! スポ少大会決勝戦を入れるとPK戦で4連勝だ!

PK戦4連勝それ自体も驚異的だが、PK戦に持ち込む粘り強さを身に付けたことが、何より素晴らしい。PK戦狙いのゲーム・プランで試合に臨んでいるのでは決してない。ギリギリの勝負を挑みながらのPK戦である。PK戦は、総力戦である。3人でのPK戦は、いきなりのサドンデス方式に近い。一つの失敗がすぐ結果につながりやすい。だから、3人のキッカーの安定したシュート力と精神力が必要だ。人数が少ない分、4人目以降のサドンデスに入りやすい。4人目以降の力も大切だ。ゴールキーパーには、3人の内一つを阻止する高い集中力が要求される。そうした意味で、PK戦は総力戦だ。

総力戦とは、すなわちチームワークである。チームワークとは、単なる仲の良さではない。チームのために、ということは、自分も含めたみんなのために、自分の役割を全力で果たそうとする意識である。それでも、相手チームも全力をかけて勝負に出てくる。それに勝つことはもちろん素晴らしいが、結果が伴わなかった時の行動、結果にかかわらず勝負してくれた相手チームへのリスペクト、そうしたものすべてにチームワークのレベルが表れる。

『物語(ストーリー)は、すべて未来において語られる。』その時々の結果は、その時点での評価だけで終わるものではない。新人大会での勝負弱いという評価は、乗り越えた課題というストーリーの一節に、今書き換えられた。それを成し遂げたのは、プレーヤーたちの頑張りとチーム・スタッフの献身的な指導の賜物だ。

と言うだけで、話を終わらせない。まだあと二つ、付け加えておきたい。
一つは、壁を乗り越える力を発揮させた背景に、先輩諸君の実績というクラブの歴史があるのではないか。ここ何年間か毎年のように、全国大会や関西大会への出場であったり、県大会でもファイナルに出場したりしている。自分たちも、それに続きたいという思いやプライドはあったはずだ。クラブとしての県大会優勝の経験がなかったら、PK戦4連勝はなかったのではと思わざるを得ない。クラブとして持っている力は、絶対に大きい。

もう一つ、今回の優勝を“過去の栄光”にしてしまってはいけない、ということだ。『物語(ストーリー)は、すべて未来において語られる。』ということは、成果の後についても当てはまる。「せっかくあの時は、頑張ったのに」ということになってしまえば残念だ。成果を残して一つ上のステージに進めば、さらに強い相手が待っているのは、どんなゲームの世界でも同じである。KFCジュニアの諸君には、立ち止まることのないさらなる努力を期待したい。

第50回和歌山県スポーツ少年団総合競技大会の成績
[予選リーグ]
2-0 Vs.有田保田   2-0 Vs.紀伊
[1位リーグ]
4-1 Vs.セレソン   2-1 Vs.貴志川
[決勝戦]
1-1 延長戦0-0 PK戦3-2 Vs.伏虎

次のステージは、8月2425日京都府山城総合運動公園で行われる「第38回近畿ブロックスポーツ少年団サッカー交流試合大会」だ。頑張れ!

  


Posted by Okuno at 18:30Comments(0)

2019年06月10日

お願い

同じソラティオーラ和歌山のホームページ内の「ソラティオーラU-12」のブログに、ソラティオーラU-12アカデミー・コースに関連する記事を掲載していますので、そちらもぜひご覧ください。

2019年度のソラティオーラU-12チームの活動を引き続きそちらで紹介していく予定ですので、よろしくお願いいたします。  


Posted by Okuno at 11:43Comments(0)

2019年05月25日

私は“ソラティオーラ”-その2-

ソラティオーラの春の2大イベントが、今年も無事終了した。
「アウトドア・パーティー」と「歩っとウォーク」である。

「アウトドア・パーティー」は、今年も黒沢ハイランドさんのご厚意で、特設会場を設定していただき、4月29日(月・昭和の日)に開催した。
ソラティオーラ会員が家族一緒に一堂に会して、カテゴリーを超えて親睦を深める目的で行っているBBQパーティーだ。

今年は、天候がたいへんややこしく、いつ雨が降り出してもおかしくない空模様ではあったが、およそ220人の会員とその家族が参加してくれた。200人を越える人数が一緒にBBQを楽しんでいるのは、壮観だ。
参加者全員で、「今年度もみんな一緒にサッカーを楽しみましょう!」と乾杯した後、新緑の高原でのバーベキューでお腹を膨らませ、芝生の上でのソリ遊びやボール遊びで腹ごなしをして、最後はいつものビンゴ大会で大盛り上がり。



「今日は、たくさん参加してくれてありがとうございました。これからもソラティオーラをよろしくお願いします。ゴミや忘れ物のないように気を付けて帰ってください。解散します。」と、言い終わった直後に、ポツポツと雨粒が落ちてきた。天の神様は、「アウトドア・パーティー」が終わるまで、雨を降らすのを待っていたくれたんだ、と思わざるを得ないタイミングだった。

そう、私は“ソラティオーラ”。
私はソラティオーラの一員だし、私の家族もソラティオーラの一員だ。ソラティオーラは私そのもの、ソラティオーラが存在しない私の生活なんてとても考えられないし、私のいないソラティオーラも同じように考えられない。
それが、『私は“ソラティオーラ”』ということ、そう考えてくれる会員が一人でも多くいてくれることを願っている。

二つ目のイベントは、「歩っとウォーク」へのクラブを挙げての参加だ。実行委員会の一構成団体として、地元を盛り上げる活動に参加できることを嬉しく思い、毎年参加している。
それぞれのカテゴリーで、土・日曜日のいずれかに原則全員参加で、ソラティオーラのシャツを着て歩くことにしている。
今年は、キッズ、小学1・2・4年生、アカデミー・コース、KFCジュニア(6年生)、エンジェルス(中学生)が土曜日に参加した。
KFCジュニアは、この日最長距離の24Kmコースに挑戦してくれた。
小学3年生とKFCソラティオーラ(5年生)は、日曜日に参加した。
KFCシャウト(一般女子)は、フランクフルト・ソーセージとかき氷の模擬店を出して、イベントを盛り上げてくれた。



歩いている途中で、あちこちでソラティオーラのシャツに出会う。みんな、頑張っているな。小さい子でも、思ったより早く歩いている子がいる。学年が上でも、日ごろあまり長い距離を歩かないのか、サッカーの時よりしんどそうにしている子もいる。
私も、少し疲れてきた。でも、ゴール・インまでもう少し。日ごろ偉そうに子どもたちに指示しているのにしんどそうな素振りを見せるわけにはいかない。頑張ろう。

そう、私は“ソラティオーラ”。
みんな一緒の“ソラティオーラ”。仲間がたくさんいるのは、心強いし、楽しい。

『私は“ソラティオーラ”』というのは、私の帰属意識を示す言葉だし、私のアイデンティティを示す言葉だ。
『私は“ソラティオーラ”』だと感じている仲間が集まると、『私たちは“ソラティオーラ”』になる。
日々のクラブの活動の中で、『私たちは“ソラティオーラ”』と感じてくれる仲間の輪がどんどん大きくなっていってくれることを願っている。
その一歩一歩が、『100年クラブ』につながっていくと確信している。

みなさん、これからもずっとソラティオーラでいっしょにサッカーを楽しみましょう!


  


Posted by Okuno at 18:14Comments(0)

2019年04月24日

わたしは、“ソラティオーラ”

どのクラブでも、学校でも、会社でも、日本では4月から一斉に新しいシーズンが始まります。
4月病5月病という言葉があるように、少し時間が経ったときに、今回の選択は自分にとって良かったのだろうかという不安が浮かんでくることは、誰にもあるだろうと思います。サッカークラブを選ぶということであっても、このシーズン、自分はこのクラブで、このチームで、このカテゴリーで大好きなサッカーをしていくことは良い選択だったのだろうか。自分が想像していた活動内容のイメージと違うな、もっと他に良い選択があったのではないだろうか、そんなことを考えている人もいるかもしれません。

自分の子どもが所属するクラブを初めて選ぶとき、今までのクラブから他のクラブに移ろうとするとき、何を根拠にしてどう決断しますか。ネットや口コミで事前に情報を得て、見学や体験参加をしてから決めることも多いと思いますが、それでも最終判断は論理的な部分以外のいわば“賭け”の要素が必ず残ってきます。それは、進学先や就職先を決める時や、ひょっとするとパートナーを決める時も同じかもしれません。

クラブ選びは、最終的には、「このクラブを信頼して、子どもを預ける」ということにしかならないと思います。どんな選択でもあらゆる要因を計算して、将来を見通すことはできません。また、人生は一度きりですから、実験をして検証することもできません。私たちが生きていく間に経験するあらゆる選択は、最後は“賭け”でしかないのです。もちろん、明らかに間違った選択肢は見つけることができ、それを排除することはできますが、一番正しい選択肢を事前に決定することは不可能です。そんな不可能に挑戦するより、もっともっと大切なのは、選んだ選択肢を後悔しないためには、これを選んで良かったと後から思えるように頑張るしかないのです。結果的に、その選択肢が良かったと思えるかどうかは、自分の努力と運にかかってきます。

私たちクラブの運営側には、保護者の方から信頼して預けてもらえるクラブであろうとする努力が必要です。ソラティオーラには、誰でも参加してもらえるクラブを作ろうという、自ら設定したミッションから、男女、年齢、レベルに応じたいくつかのチームやカテゴリーに分かれて活動しています。自分のニーズに合ったチームやカテゴリーでサッカーを楽しんでもらうためです。そして、折に触れてさまざまなクラブ内の交流も行ってきました。クラブ内の別のチーム、カテゴリーであっても、同じソラティオーラの仲間であるという帰属意識と一体感を持ってもらいたいからです。その結果が、日々の活動そのものから醸し出されるクラブの雰囲気であり、歴史を作り、風土を育てていくのだと思います。その眼には見えないものこそに賭けてもらえるクラブでありたいと願っています。そのようにして、クラブはここまであり続けることができ、まもなく創立50周年を迎えるところまで来ることができました。私たちが依って立つことができ、信頼して賭けてもらえると自信を持って考えているものは、この“クラブの空気感や香り”です。

それでも、たまにはクラブの思いと保護者の思いには、微妙な齟齬が発生することがあります。ソラティオーラ和歌山では、それぞれの間に信頼関係があっても、いつ発生するかもしれない齟齬をできるだけ小さい間に見つけて、対応していくためにも、年に一回会員の全体会を開いてクラブの歴史や活動方針、財政状態や現況を説明し、会員の皆さんの要望を聞かせていただいて、今後の活動に反映させていくことにしています。そのような会議を設定しているのは、ドラッカーが“組織は戦略に従う”と言った精神からです。会員の皆さんのさまざまなご意見やご要望を聞かせていただき、会員が何かしら不安に思われる要因には早急に対応し、クラブの発展のためにプラスになると思われるものはできるだけ取り入れていきたい、そのような考えから設定している「全体会」です。クラブの基本理念や活動方針を提示し、賛同してくれる人に加入していただき、それでも行き違いが生じればできるだけそれが小さいうちに解消していきたいという考えからの会議の設定です。

しかし、それはクラブという組織の性格上、クラブから提示する理念や戦略や活動方針の大枠の中での対応になります。これを外れる対応は、かえってクラブの存続を危うくすることになりかねません。会員の皆さんに納得していただくほかないというものが必ず残ってきます。そのクラブの基盤として外れることができないものに、どうしても納得していただけない場合は、それぞれが自分の思いと合致する運営をしていると思われる新たな選択肢を探してもらうしかありません。もちろん、私たちは、一度結んでいただいたご縁を大切にし、一緒にサッカーを楽しんでいってもらえることを心から願っていますし、そのようなクラブであり続けようとする努力も続けていきます。

私たちは、会員の皆さんから寄せていただいたご要望について、全スタッフで真摯に話し合い、その上で出した結論については、必ずすべての会員にとってメリットになり、また、子どもたちの成長につながるという確信をもってクラブの運営に当たっています。
会員の皆さん、この点をどうかご理解していただいて、今シーズンもソラティオーラ和歌山で『100年クラブ』を目指して一緒にサッカーを楽しんでいきましょう。
  


Posted by Okuno at 11:14Comments(0)