2017年12月31日

第41回全日本少年サッカー大会応援・観戦記

2017年12月26・27日の二日間、鹿児島ふれあいスポーツランドへ、海南FCジュニアの応援と大会の視察に、副理事長の奥野昌紀と理事の仲恭伸の三人で行ってきました。

大会会場は、一か所に少年用ピッチ8面を展開できる上に、すべて天然芝という今まで見たことのない素晴らしい施設でした。こんな環境で全国の都道府県の代表48チームの一員として大会に参加できる少年・少女たちはなんと幸せな体験をできることかと感じました。と同時に、これだけの会場を準備し運営する大会関係者の尽力にも頭の下がる思いを強く持ちました。大会には、県サッカー協会からも、中村会長、吉田4種委員長、松尾ユースダイレクターが視察・応援に来てくれていました。また、KFCジュニア一期生で福岡県在住の赤津君も会場に駆けつけてくれました。

大会に参加したKFCジュニアの14人の少年・少女には、自分は、とても多くの会ったこともない、名前も知らない人たちとのつながりのなかでサッカーをしているのだということを、頭で理解するのではなく、息を吸い込むような感覚で直感してもらいたいと、私も肌で感じました。

さて、試合ですが、3試合全体を通じた第一印象は、ネームバリューのある相手にも気後れすることなく、しっかりと持っている力を出そうとしてプレーできているように思いました。ただ、チームとしても和歌山県代表としても目標であった、決勝トーナメント進出は今年もかないませんでした。私の感覚では、今年のチームの実力は大会出場48チーム中、中の中から中の下あたりではなかったかと見ています。決して全国的に下位にいるとは感じませんでしたが、一次リーグ同ブロックからベスト4、ベスト8に進出したサンフレッチェ広島やアントラーズつくばなどの上位進出チームと比べて、今後、クラブとしても和歌山県としても追求すべきは、サッカーの基本や原則の徹底であるというのが私の思いです。

サッカーの基本や原則とは、例えば、ボールを奪われたらすぐに全力で追いかける、遠い足のインサイドでコントロールする、相手の裏をとることをまず狙う、ボールを受ける前やボールを渡した後に周囲を見て次のシーンを予測する、などのことです。もちろん、全国大会に出場するチームの選手がこれらのことをできないはずはありません。違いは、徹底してできるかどうかだと思います。
もう一つは、周囲を見て、次のシーンを予測して、相手より早く動き出したり、仲間と連携したりする高い能力を身につけていく必要があると思いました。

問題は、それらの資質をどのようにすれば、どのようなトレーニングをしていけば、プレーヤーのレベルを上げていくことができるのかという指導者の力量のレベルアップの課題です。私たちに、このことを試行錯誤しながら、もがきつづる覚悟が常に問われています。

2017.12.31
奥野修造
  


Posted by Okuno at 10:10Comments(0)

2017年12月03日

KFCジュニア、全国大会出場・壮行試合&壮行会

第41回全日本少年サッカー大会に出場する、KFCジュニアを激励するため、クラブを挙げての壮行試合と壮行会を下記日程で行います。

期日=12月9日(土)
会場=屋上スポーツ広場
日程=9:00~10:30   各カテゴリーの練習、ジュニアと対戦チームのウォーミングアップ
    10:30~11:20   壮行試合(20分ハーフ)
                  ※全クラブ会員・保護者で観戦
    11:20~11:40   壮行会  ◇理事長あいさつ
                         ◇KFCジュニア監督あいさつ
                         ◇出場選手自己紹介
                         ◇激励の言葉(KFCソラティオーラ・キャプテン)
                         ◇決意の言葉(KFCジュニア・キャプテン)
                         ◇集合写真撮影
    11:40~12:40   練習試合
    13:00   撤収完了


壮行試合&壮行会を開催する趣旨は、次のようなものです。
◇ジュニア・チームが全国大会で全力で戦うことを、クラブ会員全員で励ます。
◇ジュニア・チームの試合を観る機会の少ない会員に、今年度のジュニア・チームの実際を観てもらう。
◇次に続く後輩たちに、クラブの誇りを実感してもらい、これからも一層サッカーに打ち込んでもらう。
◇今回の成果が、クラブ全体の活動の成果であることを、会員全員で確認し、クラブの歴史の一ページであることを認識する。

当日、すでに予定が入っていて参加できないカテゴリーの会員も、心の中でジュニア・チームに声援を送ってください。
壮行試合&壮行会が素晴らしく盛り上がったものになるよう、皆さんよろしくお願いいたします。  


Posted by Okuno at 15:10Comments(0)

2017年11月26日

KFCジュニア、全国大会へ!

本日行われた、全少県大会最終日の結果を速報します。

準決勝戦   KFCジュニア 4-0 ヴィーヴォ
決勝戦     KFCジュニア 3-0 デポルターレ

2試合とも完勝でした。クラブ史上初の全日本少年サッカー大会に出場します。
選手の皆さん、保護者の皆さん、スタッフの皆さん、本当におめでとうございます。

応援に駆けつけてくれた、5年生を中心とする子どもたち、心強い声援、本当にありがとう。
クラブの代表として、関係者の皆さんに、心からお礼申し上げます。

2時間くらい前に上富田から帰ったばかりなので、詳しい分析はできていませんが、ゲーム・プラン通りの完璧な試合運びだったと思います。特に、トップの選手に縦パスを当てる攻撃プランが見事にはまりました。縦パスの正確さ、それをほとんどボールを失うことなく味方につないだトップの選手、素晴らしかったです。

監督を中心とする、スタッフのチーム作りも見事でした。8月にJグリーンで行われた、関西大会を見に行きましたが、その時から明らかに進化していました。この間の、ゲーム・プランの調整、それをチームに浸透させていったこと、たいへんな作業だったと思います。

2-4-1システムの弱点をプラスに転化させたゲーム・プラン、準決勝戦と決勝戦で異なるシステムで戦ったにもかかわらず、両方とも素晴らしく機能させたこと、選手たちに自信を持ってプレーすることを実行させたこと、いずれも素晴らしいベンチ・ワークだったと思います。

ともにファイナリストととして決勝戦を戦ってくれたデポルターレも強いファイティング・スピリットを持った素晴らしいチームでした。夏の大会は、デポルターレが優勝し、今回はこちらが勝つことができました。今年の4種の大会は、両チームがリードしてきました。今後も競い合っていきましょう。

最後になりましたが、今年のKFCジュニアの選手たちが、昨年KFCソラティオーラの選手として、先輩たちの戦いを今日の会場に応援に来てくれていました。先輩たちが残念ながら敗れた時、まるで自分たちが敗れたかのようにしおれていた様子を覚えています。君たちは、その時、来年は自分たちがと心に誓っていました。今日、見事に先輩たちの雪辱を果たしたことに敬意を表します。このようにして、敗れた時は悔しく残念に思い、勝った時は対戦相手の健闘を称えつつ、自分たちの勝利をかみしめる、その積み重ねがクラブの歴史になっていくのだと思います。

とりあえず、今日はここまでにしておきます。優勝、本当におめでとう!!

                                                                      奥野修造  


Posted by Okuno at 18:42Comments(0)

2017年11月13日

海南FC出身の高校生プレーヤー

高校サッカー選手権大会県大会も決勝戦を残すだけになっている。
海南FC大会出身として大会プログラムに氏名が載っている選手が17名いる。一番人数の多いのが桐蔭高校の5名、次いで海南高校の3名である。準決勝戦に進出した4校には3名の選手が登録されている。まだ、名簿に名前の載っていない選手や、県外の高校でプレーしている選手も多くいるはずであるから、海南FC出身で30名程度が高校生になってもサッカーを続けてくれているように思う。とてもうれしく思う。
人生の一時期をサッカーに取り組むのではなく、サッカーを好きになって、いくつになってもサッカーが自分の生活の一部にしみこんでいる、そんなライフ・スタイルを送る人が、サッカーの舞台としてソラティオーラ(海南FC)を選んでくれる。その結果、クラブが100年を超えて続いて行く。それが私たちの夢です。
小学校に入る前後からソラティオーラ(海南FC)でサッカーを始め、中学卒業まで青・黒のユニフォームを着て、その後、一時期ユニフォームの色は変わっても、やがて高校・大学・専門学校などを卒業したら、再び青・黒のユニフォームに袖を通す。年月を経てやがて、青・黒の縦じまが、青・黒の横じまユニフォームに変わるころ、自分の子どもがジュニア・サイズの青・黒のユニフォームに袖を通している。そんな会員が少しずつ現れてきています。私たちの夢が次の世代に引き継がれていく。そんなクラブでありたいと、今までもこれからも、ずっと思い続けていきます。
(私は結構しぶとく、しつこく、粘っこいと、この頃自分で感じています。)
  


Posted by Okuno at 19:33Comments(0)

2017年10月21日

2017年度第1回コーチ研修会

 ソラティオーラ(海南FC)では、年に2~3回、指導力のレベル・アップのために、コーチングの研修会を開いています。
 バレンシア・ジャパンを通じて、スペイン人コーチのクリニックを実施しているのもその一環ですが、今回はクラブのコーチ相互の研修会を下の要領で開催します。
 保護者の方も関心のある方は、ぜひ参加してください。他のクラブのコーチも参加してもらってもかまいません。


2017年度第1回ソラティオーラ・コーチング研修会

内   容

期 日   2017年10月28日(土)

会 場   海南スポーツセンター

テーマ   ①個別テーマの年代別トレーニング実践からプレーヤーの理解度の進展を考える。
       ②個別テーマのアクション・トレーニングと試合をつなぐ、ゲーム形式のトレーニング
        を考える。

日 程   11:30~13:00  スクール3年生のトレーニング
       13:30~15:00  ソラティオーラU-11のトレーニング
       15:30~17:00  エンジェルス1・2年生のトレーニング
       17:00~18:00  コーチ・ミーティング(会議室)
       19:00~       慰労会・懇親会(「マイカー食堂」)


今回の研修テーマに関しての考察
[1]「M-T-M」の流れの中で、どのようにしてトレーニングのテーマを設定するか?

[2]それぞれの個別テーマに取り組むことのできる年代を考慮すべきか?

[3]どの年代に、どのテーマを設定すると、育成年代の間にどのレベルまで、サッカーの理解度を高められるか?(このような考察は、サッカーの指導にふさわしいのか?)

[4]課題としているテーマを次の試合に生かすには、どんなトレーニング展開が必要か?

以上について、奥野が仮説として一つのトレーニング展開を試みるので、それについてスタッフで意見交換していきたい。


  


Posted by Okuno at 16:44Comments(0)