2015年10月16日

スペイン報告・その3

 日本を出発したのが木曜日だったので、やっと一週間経ちました。感覚では、もう一年間も日本にいない感じになっていますが。まあ、しかし、一週間経つと、肉体的にも、精神的にもだいぶ落ち着いてきたように思います。と、なってきたときにとんでもない落とし穴が待っていました。ということで、今日の報告は、サッカーとはほとんど関係ありません。また、細かいところまで書き出すと、とんでもない量になってしまいそうなので、事実だけをできるだけ簡潔に記します。
 
 前置きが長くなってしまいましたが、今朝、スペイン語学校へ行くために、下宿しているマンションのエレベーターに乗ったところ、途中で止まってしまい、中に閉じ込められてしまったのです。えらいことになってしまいました。この後のことは、無事、日本に帰れたその時にゆっくり話しますが、一時間後に救出してもらいました。まあ、助かったから、こんなことを書くことができているのですが。私の部屋は、日本流に数えると9階にあるのですが、明日からは、絶対にエレベーターには乗りません。

 サッカーの報告も少しだけしておきます。歩いて10分くらいのところに、バレンシア市内を流れていた旧河川を利用した公園内に人工芝のサッカー場があります。下の2枚の写真は両方とも、夕方6時ころに取ったものです。黒いシャツのチームは昨日、赤いシャツのチームは今日の風景です。どちらも楽しそうにやっていますが、レベルはKFCのほうがはるかに高いです。しかし、それは同時にどれほどたくさんのクラブがあるのだろうとも考えさせられるものでもあります。KFCもレベルアップを目指すことは、もちろん大切ですが、プレーヤーがサッカーを、トレーニングを楽しんでいるかも、レベルアップと同じくらい大切なことだろうと感じました。







以上、何とか生き延びている、奥野修造


 



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。