2018年05月20日

デザイン

 今年の「きのくに海南歩っとウォーク」に参加してくれたソラティオーラの会員は、大会の冊子に氏名が記載されたのが162人と、団体参加の中では最多であった。こんなに多くの会員が参加してくれたのか思うと、本当にうれしくなる。今年は、各カテゴリーの日程の都合で全員初日の19日(土)の参加となった。すると、距離によって出発時間は異なるものの、総合体育館の付近では青黒ストライプのプラクティス・シャツがやけに目立った。ここにもそこにもソラティオーラの会員がいるということが一目瞭然なのだ。なんか大会の主役になったようで、なんとなく誇らしくも思えてきた。
 その総合体育館前のブースに、今年もシャウトがフランクフルトとスーパーボールすくいの模擬店を出してくれた。シャウト会員が多く参加してくれている。私ももちろんフランクフルトをいただいた。スーパーボールすくいをやる勇気はなかったし、誰も勧めてもくれなかったのはちょっと残念だった。
 シャウトは、県内にママさんサッカーのチームや大会はあったが、一般女子のチームも大会もなかった1987年(今から30年前)に、中学生以上の女子なら誰でも入れる県内初のチームとして、その少し前まで私が勤めていた海南高校サッカー部の女子マネジャーを中心に結成したものだ。年月は流れたが、現在も県内には一般女子チームは一つだけだ。
 そんなこともあって、和歌山国体が近づいてくる中で、シャウトが県女子選抜チームの候補選手のための強化指定クラブになった。補強選手も登録してくれたおかげでチーム力は格段に上がり、関西女子リーグの1部まで昇格できた。しかし、チーム関係者には強化指定を受ける時から大きな不安があった。それは、国体が終わった後、補強選手たちがどれだけシャウトに残ってくれるのだろうかという心配であった。国体後、その不安は当たってしまった。補強選手の中には、もっと上のレベルを目指す人もいたから、そのような思いを持っている人からすれば、練習回数も、サッカーにかける思いも、もともとシャウトに所属していた人とは違いがあって当然である。これは、どちらが良い悪いの問題ではもちろんない。シャウトに残ってくれた補強選手もいたが、大半はチームを離れていった。
 国体前から予想していたことではあったが、シャウトの再建という、クラブにとっても、シャウトにとっても、国体強化以上の困難なミッションに取り組んでくれているのが、現在のスタッフとプレーヤーの皆さんなのである。
 “誰でも参加できるクラブ”という、ソラティオーラの基本方針を受けて、シャウトを“デザイン”し直すことが必要であった。ソラティオーラという枠組みの中でのチームの位置づけ、現状での戦力とチームの目標、練習会の設定と練習参加の可能性、若い会員の募集、スタッフの人選と依頼、県女子サッカー界でのシャウトの役割、などなどの様々な要因が複雑に絡み合う中での、シャウトのこれからをしっかりと“デザイン”し、少しずつ着実に前に進みながら、時々は“デザイン”し直していくというたいへんな作業を担ってくれている。
 シャウトにU-15クラスをスタートさせ、各地の中学生に声をかけて参加を募る。新たに火曜日に練習会を設定する。思った以上の会員が参加してくれているように思う。現時点では、今シーズン何とか関西女子リーグ2部を維持してもらいたいと願っている。
 冒頭の「歩っとウォーク」でのシャウトの模擬店の話に戻るが、その取り組みもシャウト再発展のプロセスの一環としてのイベントであると私は理解している。模擬店ブースのテントには、スタッフとプレーヤーのほとばしる思いが熱いエネルギーとなって蓄積されつつあるように感じられた。
 ソラティオーラ会員の皆さん、シャウトのチャレンジに力強いサポートをお願いします。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。