2016年08月05日

リオ・オリンピック ナイジェリア戦を観て

リオ・オリンピックの初戦、ナイジェリア戦は4-5で敗れた。
この敗戦で感じたことをメモしておこうと思う。

1.日本DFを背中に受けたナイジェリア選手にボールが入った時の、日本側のディフェンスがなぜあんなに弱いのか。
日本の選手が二人で対応しても突破される場面が再三あった。縦パスが入った時の相手と日本の力の差を事前に想定していなかったのか。相手がそんな強みを持っていることを情報として持っていなかったのか。対応を準備していても、それでもやられたのか。準備をしていたが、それでも選手が本番の試合で対応できなかったのか。その辺りは、私たちテレビ観戦者には分からない。しかし、特に前半はあまりにもやられすぎたように思う。
そもそも、試合開始からの日本の守備のように、前線からプレスをかけていけば、相手は縦のロング・ボールを入れてくることは、私でも想定できる。そのロング・ボールから突破されていては、ゲーム・プランが成り立たない。

2.1点リードされて終わった前半。なぜ、同じメンバーのまま後半をスタートさせたのか?
「初戦勝てばメダルに近づき、初戦落とせばメダルは遠のく」と監督が話していたと、テレビの解説で言っていた。それが事実なら、そんなに大事な初戦の前半をリードされて終わったら、後半スタートから選手交代の勝負(賭け)に出るべきだったと思う。それとも、選手を交代しないことで勝負(賭け)に出たのだろうか。
結果論だが(しかし、勝負はすべて結果論だ。強いものが勝つのではなく、勝ったものが強いのだ、という言葉もあるのだから)、交代で出場した、浅野と鈴木の二人は活躍して、2点を追い上げる要因となっていたことを考えると、後半の頭から交代していたら状況が変わっていた可能性が高いと思うのは、私の他にも多いと思う。
「勝負師」と言われた手倉森監督の勝負勘が鈍ったのか、交代しないことで勝負に出たのか、テレビ観戦者の私は知りたい。

3.終盤2点を奪い追い上げたが。
終盤、明らかに足の止まったナイジェリアから、日本は2点を奪って追い上げた。勝負がほとんど決まってしまってからでも、追い上げた頑張りは凄い。試合後の監督インタビューであそこで追い上げないと日本ではないという趣旨の話をしていたと思う。しかし、その凄さが、なぜ、1対1に追いついた後の逆点、2対2に追いついた後の逆点、後半の早い時間の同点および逆点に表れないのだろうか。
他国のチームなら、代表の試合で、もし2-5の状況になってしまったら、闘争心を失って無気力な試合になってしまうのだろうか。私はそうは思わない。なぜなら、その選手たちには代表選手としての誇りや責任感と、プロフェッショナルとしての評価への恐れから、やはり全力を尽くしてプレーを続けると思う。
テレビの前にいた私が、日本代表の選手たちから感じたのは、そうした要素よりは、日本人としての特質(真面目さ)であった。それは、日本の強みであると同時に、現時点での日本サッカーの限界であるようにも、なんとなく感じてしまう。

4.久保選手が出場できなかった。
久保選手が所属チームの意向で出場できなかったことが、敗因の一つであるかどうかは、私には分からない。しかし、日本代表チームの構想が狂ったことは確かだろう。ネット上の記事では、日本協会の幹部が、所属クラブがオリンピックの重要性を理解していない、というようなことが載っていた。
私は、“所属クラブがオリンピックの重要性を理解していない”ことを、日本協会の幹部が理解していないのは、なぜだろうと思う。そのような仕組みのところには完全に素人の私の感想など全くの的外れかもしれないが、日本中のサッカー・プレーヤーを隅々まで統括し、すべての登録会員から登録料等を完璧に徴収する巨大で強大な組織となった日本協会が世界中に張り巡らせた情報網をもってしても、今回のような可能性は事前に想定できなかったのだろうか。
所属クラブからの派遣拒否を受けて、急きょ、幹部が所属クラブに交渉に赴くというようなことは醜態だと感じてしまう。前もって、所属クラブと派遣について特別な契約を結ぶとか、所属クラブの状況から考えて派遣拒否の可能性を考えて、前もって次善の策を考えておくというような対応はできなかったのかと疑問に思ってしまう。

以上、観戦を終えて昼食を食べながら考えたことを、試合終了後3時間というタイミングで記したので、的外れの点もあるかと思うが、私にはすべて現時点での日本サッカーの諸問題として感じられたことを思うままに記しておきます。
みなさん、試合を観て、どんなことを感じましたか。日本サッカーの発展ために、また、話し合いましょう。




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。